• ホーム
  • INTERVIEW
  • 〈後編〉フラワーデザイナー×ピアノ講師という生き方 ~作りたい!挑戦したい!という志を大切に~

INTERVIEW

〈後編〉フラワーデザイナー×ピアノ講師という生き方 ~作りたい!挑戦したい!という志を大切に~

  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena

吉川 寛子先生

吉川 寛子先生

東京都出身。3歳のころからピアノを始める。国立音楽大学付属小学校に入学し幼いころから音楽の環境で育つ。在学中は数々のコンクールやコンサートに出演する。また大学では音楽療法を学び、毎週施設で音楽セッションを行う中で人との交わりの大切を実感する。卒業後は経営者であった父の勧めで一般企業に勤めホテル業や秘書業務等を経験した後音楽の世界へと戻り、演奏活動及び教室の運営をする。演奏活動ではアーティストと共演、CDを作成したりと活動の場を全国へと広げる。毎年自主公演をしサントリーホール等でコンサートを企画運営している現役ピアニスト。また大好きだったお花を使った事業をしたいと思い立ち自らアレンジメント教室に子連れで通い、師範免許を取得。その後子供と一緒にお花が楽しめる教室を開講。その後企業からの依頼等で商品開発、店舗装花が増える。様々な場所で独特の色使いのお花を使い独自の花アートの世界を表現している。

前編では先生がお教室を開業するきっかけや開業時に苦戦したことについてお伝えしました。後編ではこれから開業をしてみたいと思っている方へのメッセージをお伝えいたします。

1日のスケジュール

市場のある日のスケジュール

朝4時起き、4時~5時大田市場で仕入れ。5時から7時子供のお弁当作り、登園通学の準備。夜ご飯の下準備。子供の通学、途中まで送る。

7時から8時ジム。

8時から店舗開店準備及び注文商品の作成。10時から12時注文商品の配達や店舗装花。お昼から店舗で接客。15時から19時ピアノ教室。19時半子供たち帰宅夕食の準備、子供との時間22時子供就寝。子供たち就寝後事務作業25時就寝。

Q開業してよかったと思うことを教えてください。

沢山の人と出会えること。自分が作ったお花という商品を通して人に喜んでもらったり、癒したり、驚かせたり。。。様々な人とのふれあいが毎日あること。情報を得て発信する為に常に何かを学ぼうとする姿勢を持つことができること。そのために沢山の良いものに触れることができて心が豊かになれること。

以前から男性にもっとプレゼントとしてお花を贈ってほしという思いがあり、啓蒙をしてきたことが、最近になって男性からお花の贈り物についてお問い合わせを頂くことが増えていること。 また男性の方がお花の教室に参加されることが増え、「とても楽しい!!」と言っていただくと、本当に嬉しいです。 お花の教室やお花屋さんは沢山あります。 大手のお花屋さんと同じことをするのではなくて、自分らしく自分の思いを伝え、それが受け入れられた時にやりがいを感じます。 花と人に囲まれた生活はとても幸せな生活です。子供たちにも受け継いでもらいたいな、と思う事業に携われることのありがたみを日々実感しています。

これから開業したいと思っている方へ

自分の好きな事で開業したいと思っている方は沢山いらっしゃると思います。 ただ一歩踏みだすには沢山の不安、子育てとの両立に自信がなかったり、家族の反対があったり、人それぞれあると思います。 その不安や心配に負けてしまうのであれば、今はまだ開業しない方がいいかもしれません。 どんな状況でも自分に負けないで突き進んでいく気持ちとパワーがなければ本当に大変な道です。 結果は後から必ず付いてくる、努力したら努力した分しっかり自分に戻ってくると信じることが大事だと思います。 回り道は沢山あっても近道は一つもなく、一歩ずつ確実に進んでいくことが最優先だと思うんです。 一歩ずつ歩んだ道は、例え少しの問題が起きても簡単に崩れませんから。 自分の人生、あと何年働けるか?もしこれを広めたい!開業したい!というものがあれば誰かと比べるのでなく、自分をライバルにして挑戦する。 私はそう考えて、挑戦を楽しめるようになりました。 自分の心が豊かだと、きっと周りにいるひとの笑顔が増えるはずです。

SHARE

  • facebook
  • twitter
  • line
  • hatena
;